ザ・ピザ・カンパニー、予定していた大型投資を来年延期

タイ証券取引所(SET)上場のマイナー・フード・グループが所有するザ・ピザ・カンパニーはこのほど、ピザ市場の回復が来年第3四半期(7~9月)になるとして、今年予定していた大型投資を来年に延期することを決めた。ザ・ピザ首脳は、「新型コロナ感染拡大で先行きが不透明なことから、新たに8店舗オープンするという計画を来年に先延ばしすることにした」と説明している。

ザ・ピザの客足は今年第3四半期に50%しか戻っておらず、テーブル当たりの客単価も昨年700~800バーツだったものが、今は500バーツ程度にすぎないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る