欧州のコロナ感染再拡大 タイの観光戦略への影響必至

欧州では新型コロナの感染再拡大で市民の行動を再び制限する動きが出ているが、タイの観光戦略への影響を危惧する声も出ている。

タイ政府は、270日間の滞在を許可するとする特別観光ビザ(STV)計画によりタイを訪れる外国人観光客を増やし、冷え切った観光業の復活に勢いを与えようとしているが、同計画の対象国は感染低リスクの国・地域。しかし、欧州では感染者の急増で低リスク国が中リスク国へとランクダウンしているケースもあり、同計画にも少なからぬ影響が及ぶ見通しという。

なお、特別観光ビザ計画の下、タイを訪問している外国人は11月9日現在で331人。大半が中国からの来訪者という。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る