タイの輸出 来年は3~5%成長の見通し タイ船荷主評議会

タイ船荷主評議会(TNSC)によれば、来年のタイの輸出は、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、新型コロナワクチンの開発成功、中国経済の回復により3~5%成長する見通しという。

カンヤパットTNSC会長は、RCEPは参加国の人口が全世界の人口の約3分の1に当たる22億人に達しており、タイの輸出拡大の助けになることが期待されると指摘。ただ、バーツ高の高進、貨物を運ぶためのコンテナの不足、船賃の上昇、欧米での新型コロナの感染再拡大などがタイの輸出にブレーキをかける恐れがあり、注意が必要とのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る