タイからのコメ輸出が低調 バーツ高・コンテナ不足など原因

タイ・コメ輸出業者協会のチャルン会長によれば、今年のタイのコメ輸出は低迷しており、ベトナムの輸出量を下回る見通しだ。今年の輸出はベトナムが約600万トンの見通しだが、タイは前年比12%減の570万トンにとどまるとみられている。

同会長は、「タイのコメ輸出は多くの問題に直面している。そのひとつがバーツ高で、ライバルのコメ輸出国に比べコメが割高になり競争力を失っている。このほか、コメを輸送するためのコンテナが不足していることも輸出に影響している」と指摘している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る