タイからの食品輸出 今年はコロナ禍でも2~3%増の見通し

感染者数も感染エリアも急速に拡大しているタイでは食品産業も感染者の増加が報告されているが、タイ食品加工業者協会のウィシット会長によれば、今年のタイの食品輸出は需要の増大と品質の高さから1兆1000億バーツに達し、前年の推定実績1兆800億バーツを2~3%上回る見通しという。これは過去5年間の年間平均成長率約1%を上回るものだ。

同会長は、「食べ物は日々必要なものであり、とりわけコロナ禍のせいで需要は増大するとみている」と述べるとともに、「輸出をさらに伸ばすためにメーカーと輸出業者はパッケージを小さくして需要に対応する必要がある」と指摘している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る