車両登録台数が過去4年で最少 新型コロナで経済活動停滞 

運輸省陸運局によれば、昨年の二輪や四輪など新車登録台数は263万8466台にとどまり、過去4年で最少となった。対前年比減少率は2020年が14%、19年が13%、18年が13.9%だった。

昨年の落ち込みは新型コロナの感染拡大で経済活動がほぼストップしたことが最大の要因という。また、昨年の車両登録の内訳は、2輪車が168万1437台と最も多く、次いで7席未満の乗用車の55万9553台、トラックの22万6399台といった順。

なお、タクシー用に登録された新車は昨年、3674台にすぎず、前年を53.28%下回った。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る