スエズ運河問題 タイではエネルギー調達への影響はほどんどなし 

海上輸送の要衝であるエジプトのスエズ運河でコンテナ船が座礁して数多くの貨物船が同運河を利用できずにいるが、ラチャダ政府副報道官によれば、プラユット首相が影響を受けている輸出入業者を支援する考えを示したという。

タイ政府はこの問題に注目しており、タイの民間業者が不利益を被るようなことがあれば、政府が支援する用意があるとのことだ。

なお、エネルギー政策企画室によれば、スエズ運河経由でタイが輸入している天然ガスは非常に少なく、同運河でのコンテナ船座礁は今のところタイのエネルギー調達にほとんど影響していないという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る