タイ経済成長率見通し 第3波感染対策失敗ならわずか1.6%

タイ商工会議所大学(UTCC)は4月22日、今年のタイ経済成長率見通しを2.8%から下方修正こそしなかったが、現在の新型コロナ感染の第3波を政府がなかなか鎮められない場合、同成長率がわずか1.6%にとどまる恐れがあるとの見方を示した。

1.6%との成長見通しは、感染拡大の抑制に2カ月かかった場合を想定したもの。この2か月間に国民の消費が2000億バーツ減少し、経済成長率を1.2ポイント押し下げることになるという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る