タイ商工会議所とタイ工業連盟 民間部門のワクチン調達で温度差

政府は民間部門の協力を得て迅速に国民に新型コロナワクチンを接種するとの方針を打ち出しているが、タイ商工会議所(TCC)はこのほど、「政府はタイ国民に接種するワクチンを調達できるはずであり、感染拡大で打撃を受けている民間部門が経済的負担を被ってまでワクチンを調達する必要はない」との声明を発表した。

一方、国内最大の産業団体であるタイ工業連盟(FTI)は、「政府は民間部門がワクチンを輸入することを歓迎すると強調している」として、政府の意向に添う形でのワクチン調達に前向きな姿勢を示している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る