従業員の集団感染で鶏肉加工場が5日間閉鎖 サラブリ県

バンコクの北に位置する中部サラブリ県で複数の従業員が新型コロナに感染していることが判明し、鶏肉加工施設が5日間操業を停止することになった。ケーンコーイ郡に位置するCPグループ傘下のチャルンポーカパン・フーズ社(CPF)が運営する同施設では従業員5800人のうち3400人の検査を行い、タイ人151人とカンボジア人240人の計391人の陽性が判明した。CPFでは陽性者が出たことから工場内を消毒するため6月3日まで操業を停止することにした。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る