タイ経済の回復は2023年Q1か タイ中銀が可能性指摘

タイ中央銀行によれば、現在の新型コロナの感染第3波の影響などで、タイ経済が回復に転ずるのが2023年第1四半期にずれ込む可能性があるという。

セタプット中銀総裁は、「先行きは不透明であり、中銀としては、タイ経済の回復に当初予想より時間がかかることもあり得ると考えている」としている。なお、中銀はこれまで来年の第2か第3四半期にはタイ経済が回復に転ずるとの見通しを示していた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る