タイからの輸出 経済団体により今後の見通しに温度差

タイ船荷主評議会(TNSC)は世界経済の回復に伴い4月から輸出ブームが起きているため今年のタイの輸出が前年比で10~15%成長するとの見通しを示した。

その一方で、タイ工業連盟(FTI)は、海上輸送の料金が高止まりしていることからコンテナ不足が解消されない限り、今年下半期(7~12月)もタイの輸出が引き続き好調であるとは予想しにくいとしている。スパンFTI会長によれば、「製造業者も輸出業者も輸送費が高くなっていることで注文が減るのではないかと心配している」とのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る