タイ商業・工業・金融合同常任委が経済成長見通しを上方修正

タイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)はこのほど、タイ国内の新型コロナの感染拡大が8月末に峠を越したとみられることから、今年のタイ経済成長見通しをマイナス1.5~0%からマイナス0.5~1%に上方修正した。

JSCCIBはさらに、世界経済の回復でタイ製品への注文が増加すると予想されるとして今年の輸出成長見通しも10~12%から12~14%に上方修正している。JSCCIBはタイ工業連盟、タイ貿易院、タイ銀行協会の民間3団体からなる組織。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る