エネルギー政策管理委 軽油価格の抑制に290億バーツを割り当て

エネルギー政策管理委員会はこのほど、プラユット首相が先に関係当局に軽油価格をリットル30バーツ未満とするよう命じたことを受けて、軽油価格の抑制に約290億バーツを割り当てることを承認した。この予算のうち約200億バーツは商業銀行から借り入れ、残り約90億バーツは国のオイルファンドから拠出される予定。今回承認された予算は来年3月末までの軽油価格抑制に使われる。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る