財務相が明言「燃油は減税せず」 陸運協会の要求を拒否

原油価格上昇に伴い、タイ国内の運送業者で構成されるタイ陸運協会が燃油を対象とした減税を求めていたが、アーコム財務相は11月17日、「減税はしない」と明言した。

同協会は16日、政府が減税しなければ、トラック運転手の約2割が仕事を休み、バンコク都チャトゥチャク区のエネルギー省前にトラックを乗り付けると表明。しかし財務相は、「燃油税収入は政府の主要な歳入であり、税率を引き下げることはできない」と説明するとともに、多くの国が燃料を燃油から他の燃料に切り替えていることもあり、冬が終われば原油価格は徐々に下がるとの見通しを示した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る