チュリン商務相 各国の商務官にタイ米の販売促進を指示

チュリン商務相は世界各国のタイ大使館に駐在する商務官に対し、それぞれの国でタイ米、とりわけ高級米の販売促進キャンペーンに力を入れるよう指示した。タイのコメ輸出を拡大して国内米価を引き上げることが狙いという。

商務相はまた、商務官はそれぞれの国の事情、消費者ニーズなどを考慮してタイ米の販促キャンペーンを展開する必要があると指摘。具体策として、中国では富裕層や高齢者をターゲットにした高級米の販売促進、日本では機能性食品や有機米に重点を置いた販促を行うよう指示した。

なお、今年1~9月期のタイのコメ輸出は381万トンで前年同期を6.6%下回った。また、輸出高は22億3000万米ドルとなり、前年同期を18.3%下回っている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る