消費者信頼感指数が過去6カ月で最低に 観光収入減が響く

タイ商工会議所大学(UTCC)によれば、11月の消費者信頼感指数は過去6カ月で最低となる80・5ポイントに落ち込んだ。

観光収入減少、作物価格低迷が最大に要因という。観光については、中国人観光客の減少が観光関連ビジネスの収益を悪化。また、作物では、特にゴムとパーム油の低迷が農家の収入減少を招いている。

消費者信頼感指数はUTCCが独自調査に基づいて毎月発表しているもの。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る