バンコク国際モーターショー 購入予約台数が1前年比3.6%増

12日間にわたって開催され4月3日に閉幕した第43回バンコク国際モーターショーでは、昨年を13.6%上回る3万3936台の予約があった。政府が電気自動車(EV)の生産・販売を奨励していることもあり、EVの予約も増えた。

同イベントの開催業者であるグランプリ・インターナショナル社によれば、EVを好む人は増えているものの、依然としてガソリンや軽油を燃料とする自動車の人気が依然として高く、3万1896台に達した。メーカー別予約台数は、トヨタ5128台、ホンダ3019台、マツダ2906台、いすゞ2594台、三菱2553台などとなっている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る