1日限りの低金利住宅ローン受け付けに申込者殺到

低所得者に住宅購入の機会を与えることを目的とした政府の低金利住宅ローン・キャンペーンのもとで12月23日に限りローン申請が受け付けられた。だが、申請受付が1日だけであることで希望者が殺到したことで不満の声も出ていた。

政府が予定していた住宅ローンは500億バーツだったが、午後4時には申請ベースでローンの金額が910億バーツに達したため、その1時間後には受付が締め切られた。今後、政府住宅銀行が申請者の審査を行い、これを通過した人に融資が行われる。

同キャンペーンでは月収が2万5000バーツ未満であることなどが融資の条件となっている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る