工場局 過去6カ月間に1000件以上の新工場 経済が徐々に回復

工業省工場局によれば、過去6カ月間に1000件を超える工場が開設され、投資額は合計563億バーツとなった。タイ経済が徐々に回復していることがうかがえるという。

大半が食品の生産や加工に関連した工場で、次に多かったのが木工や鉄鋼の工場。新工場では合計3万1330人が雇用された。

同局のワンチャイ局長は、「1年前の同じ期間に比べると新工場の設立数は少ないが、新型コロナの感染状況の改善に伴い投資額が今後増えていくことが期待される」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る