タイ政府 新卒者・失業者の雇用促進に35億バーツの予算計上

タイ政府は6月14日の閣議で、全国でBCG(バイオ・循環型・グリーン)プロジェクトを通じて新卒者や失業者を6万8000人以上雇用することに35億バーツを投入することを決めた。新型コロナの感染状況が改善していることもあり、労働市場における雇用促進に弾みがつくことが期待されるという。

具体的には、高等教育科学研究改革省から全国の雇用促進プロジェクトに3カ月間、資金が提供される。これによって少なくとも6万8350人が雇用されると政府では見込んでいる。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る