親軍部政党 150議席獲得に自信 すでに連立先模索か

現軍政および軍部を支持する姿勢を示しているパランプラチャラット(国民国家の力)党(PPRP)がプラユット首相を首相候補に選び、総選挙後も続投する可能性が出ているが、同党幹部で選挙対策責任者であるソムサク氏は12月6日、同党が総選挙で少なくとも選挙区120議席と比例代表30議席の合計150議席以上を獲得するとの見通しを示した。

これは、現政権の政策について国民の理解が深まり、政策の継続を約束しているPPRPを支持する意見が拡大していることが最大の要因という。

なお、同党は500議席の下院で安定多数を確保するため、現在、連立先候補となる政党と水面下でコンタクトしているとの憶測も流れている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る