低所得者支援は選挙違反に当たらず 中央選管が判断

軍政が打ち出した低所得者支援策について、「総選挙を前に親軍部のパランプラチャラット(国民国家の力)党への支持を集めるためのばらまき」との批判が出ているが、中央選挙管理委員会はこのほど、「正当な政策であり、違法か否かを選管が調査する必要はない」との判断を示した。

支援策の一環として低所得者と認定されたことを示すカード保有者に1人500バーツを支給していた。

関連記事

ページ上部へ戻る