タクシン元首相の末娘 タイ東部県で首相候補一番人気

タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)はこのほど、東部チョンブリ県で実施した調査で次期総選挙後の首相選に立候補する可能性のある人物の中で、タクシン元首相の末娘でタイ貢献党幹部のペートンターン氏の一番人気という結果が出たと発表した。総選挙後の首相選では25議席以上獲得した政党がそれぞれ3人まで擁立できる立候補者の中から上下両院議員による投票で首相が選ばれる。

「首相候補者の誰に投票したいか」との質問に対し、31%がペートンターン氏、18.3%がプラユット首相、17.3%が前進党のピタ氏、6.91%がセーリールアムタイ党のセーリーピスット氏などと回答した。今回の調査は2月7~14日にかけて電話アンケートで実施され、1100人が回答した。

アーカイブ

ページ上部へ戻る