主要3閣僚 辞任し軍系政党役員に就任か

プラユット首相は9月25日、閣僚が政党活動にかかわることについて、「法律に抵触しない限りわたしは気にしない」と発言。このため、ウタマ工業相、ソンティラット商業相、コプサク首相府相の今後の動向に関心が集まることになった。

これは、現軍政を支持しているとされるパランプラチャラット党が今月29日に初の総会を開催する予定だが、ここにウタマ、ソンティラット、コプサクの3氏が閣僚を辞して出席し、それぞれ党首、幹事長、広報担当に選出されるとの見方が出ているため。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る