世論調査で大多数が「内閣改造に賛成」 4割強が総入れ替え希望

タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)はこのほど、大半の市民が内閣改造を支持しているとする世論調査結果を発表した。先に連立政権の中核をなす国民国家の力党で党首や執行役員が入れ替わったが、これに伴い内閣が改造されるとの見方が強まっているものの、プラユット首相は改造に否定的姿勢を示している。

6月29日と30日に実施され、18歳以上の1251人が回答した今回の世論調査では、82.9%が「今が内閣を改造するタイミング」と回答し、このうちの43%が「閣僚全員を入れ替えるべき」、16.9%が「一部の閣僚を入れ替えるべき」と回答した。

関連記事

ページ上部へ戻る