保健相が9月19日の反政府集会参加者にマスク着用の呼びかけ

国立タマサート大学で9月19日に反政府集会が予定されていることからアヌティン副首相兼保健相は集会に参加する学生に対し、新型コロナ感染防止のためマスク着用を呼び掛けた。大学当局はこの集会開催を許可しなかったが、集会主催者側は予定通りに実施すると宣言している。

アヌティン副首相は、マスクをして面と向かってくしゃみをしなければ、唾液の飛散と感染を抑制することが可能になると強調。また、警察関係筋によれば、予定されている反政府集会が混乱につながることがないよう警官隊2隊を警備に当たらせる予定だ。

関連記事

ページ上部へ戻る