政府批判のラップソング 警察首脳は「タイと明言していない」

現在のタイの軍政などを批判したとされるラップソングのミュージックビデオがネット上に投稿され、警察が何らかの法的措置を執るとの見方が出ているが、シーワラ警察庁副長官はこのほど、「歌詞にはタイという文言が含まれていない」と述べ、タイ政府を非難したものとも言い切れず、現段階では違法かどうか判断するのは難しいとの見方を示した。

だが一方で、扇動の容疑で歌手らが捕らえられる可能性は否定しなかった。YouTubeに投稿されたこのミュージックビデオは閲覧者数が10月29日夜の時点で2000万人を上回っている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る