現軍事政権が民主党にアプローチとの憶測流れる アピシット党首は否定

タイで最も長い歴史を誇る政党である民主党に対し、現政権が重要な閣僚ポストを与える代わりに総選挙後に誕生する連立政権に加わるよう打診したとの情報が一部で出ているが、同党のアピシット党首はこのほど、「そのような打診はない」と述べ、情報が虚偽だと指摘した。情報は親軍部のパランプラチャラット党(PPRP)の関係者が流したものとの見方も出ている。総選挙ではPPRP、民主党、タイ貢献党の争いになるとの見方が有力。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る