第二次大戦時の投下爆弾 ラチャブリ県でこれまで7個発見

ミャンマーと国境を接するタイ西部ラチャブリ県でこのほど、第2次世界大戦中に航空機から投下されたとみられる爆弾がさらに4個見つかった。

県当局によれば、発見された場所は、ムアン郡(県庁所在地)のチュラロンコン橋とタナラット橋の近く。同県では鉄道複線化に向けて用地の調査が実施されているが、9月に川で航空機搭載爆弾が3個見つかったことから、爆弾を探し出して回収する作業を行っていた。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る