閣議承認 同性カップルのパートナーシップを認める法案

12月25日の閣議で同性カップルのパートナーシップを法律で認める法案が承認された。同性愛者の権利を保護することを目的とした同法案によれば、20歳以上の同性のカップルはパートナーであることを役所に登録することが可能で、また、一定の条件を満たすとパートナーシップの解消、登録の取り消しができるほか、カップルは養子をとることなどが可能となっている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る