アユタヤで覚せい剤大量所持の2人逮捕

中部アユタヤ県バンパイン郡で10月4日、700キロに及ぶ覚せい剤を所持していた疑いで男2人(24、26)が逮捕された。覚せい剤は末端価格で20億バーツを超えるという。

警察は「大量の覚せい剤が輸送される」との情報を事前に得て、ピックアップトラックで移動していた2人を尾行。4日午前1時ごろ倉庫から出てきたピックアップトラックを停車させて車内を捜索し、覚せい剤を発見した。このほか、倉庫の敷地内に駐車中の車からも袋に入った覚せい剤が見つかった。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る