1月の物価上昇率1.05% 2月は新型肺炎の影響必至

タイ商務省は2月6日、前年同月比での今年1月の物価上昇率が1.05%だったと発表した。これは昨年12月の0.87%、11月の0.21%、10月の0.11%を上回るもの。また、前月比での今年1月の物価上昇率は0.16%だった。

商務省貿易政策戦略室のピムチャノック室長によれば、新型コロナウイルスの感染拡大問題は1月の消費者物価にさほど影響を与えなかったが、2月になれば、今年度予算の執行遅延とのW要因で消費が減速し物価への影響が大きくなると予想されるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る