バンコク都知事、不要不急の外出自粛・在宅勤務促進を呼びかけ

バンコク都知事は3月23日、新型コロナウイルス感染拡大が止まらないなか、経済・交通・観光の中心である首都バンコクを守るには都民の感染を抑えることが必要不可欠として、バンコクから他県への移動を自粛するよう求めた。

さらに感染に機会を減らすため外出を控え自宅で過ごすようにするとともに、官民ともに職場の感染防止策を徹底するよう要請。座席を1~2㍍以上離すほか、マスク着用、消毒ジェル設置、在宅勤務・時差出勤・遠隔会議の促進を呼び掛けた。

関連記事

ページ上部へ戻る