台風19号がタイ直撃 11月5~7日は豪雨・洪水の恐れ

気象局によれば、台風19号(コーニー)が11月5日にもタイに達することから、タイの北半分が豪雨と洪水に見舞われる恐れがあるという。具体的には、5日から7日にかけて東北部、東部の北側で暴風雨による被害が発生する可能性があるとのことだ。

一方、防災局によれば、これまでの大雨で影響を受けた民家は34郡2355か村で9万1684棟にのぼる。スラタニ県、チャンタブリ県、トラン県、プラチンブリ県、ナコンラチャシマ県では水害のため合計7人が死亡している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る