カテゴリー:タイ国内

  • タイがミャンマー非難の国連決議案採択を棄権

    国連総会でミャンマーの国軍を非難し、同国への武器流入の阻止を呼びかける決議案が採択されたが、タイが採択を棄権したことについて、外務省のタニー報道官はこのほど、決議案では重要な要因が考慮されておらず、タイとしては同案を支持…
  • 感染症専門家 「120日以内の入国制限撤廃」は時期尚早

    プラユット首相は先に120日以内に入国制限を撤廃してタイを再び外国人が訪れやすい国に戻すと宣言したが、これについては感染症の専門家などから「時期尚早」といった否定的な意見も出ている。 この宣言が現実のものとなれば、…
  • 副保健相 「120日以内の入国制限撤廃」は現実的

    プラユット首相が宣言した120日以内に入国制限を撤廃するという計画について、サティット副保健相は6月17日、実現可能なプランとの見解を示すとともに、沈んだ国民の気持ちを鼓舞することに役立つことになると評価した。 新…
  • 観光再開予定のプーケット 首相が6月25日に視察

    世界的に知られた観光地であるタイ南部のプーケット県が7月1日から入国制限を撤廃して外国人観光客を受け入れることを計画していることから、プラユット首相が6月25日に同県を訪れ、観光再開に向けた準備の進み具合などを視察する予…
  • HIVと梅毒の垂直感染率引き下げ WHOがタイを表彰

    サティット副保健相によれば、タイはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と梅毒について、母親から胎児への垂直感染の割合を減らすことに成功しており、このほどWHOから表彰されたという。 HIVに関しては、垂直感染の割合は年間…
  • 首相が明言「任期を全うする」 早期解散総選挙を否定

    プラユット首相は6月14日、2023年の任期満了まで首相を務めると改めて明言した。政界観測筋などからは、「プラユット首相は任期満了前に解散総選挙に踏み切る」との見方も出ているが、今回の首相の発言はこの憶測を改めて否定する…
  • タイ北部と東北部で豪雨の恐れ 台風第4号の影響

    気象局は6月13日、南シナ海から西に向かってベトナムとラオスの上空を台風第4号(コグマ)が通過していることから、タイでは14日には北部と東北部が強い雨に見舞われる見通しだ。コグマは13日時点で中心気圧1000hPaの熱帯…
  • 早期の解散総選挙の憶測に与党の重鎮が反発するも…

    プラユット首相が下院の任期満了を待たずに開催・総選挙に踏み切るとの見方が一部で出ているが、連立政権を主導する国民国家の党首であるプラウィット副首相は6月10日、「政府は任期を全うしたのか。全うしていないのなら、何も起こら…
  • 首相がワクチン不足を謝罪し改善を約束

    6月7日に全国で開始された新型コロナワクチンの大規模接種については、「ワクチンが足りない」といった批判の声が上がっているが、プラユット首相は6月8日、「不便を感じた人たちに謝罪する」と述べるとともに、ワクチンの供給量を増…
  • 首相の弟に財産隠し疑惑 国家汚職制圧委「証拠がある」

    国家汚職制圧委員会(NACC)は6月8日、プラユット首相の弟であるプリーチャ上院議員に対し、同議員と妻に財産隠しの容疑がかけられていることを伝える予定だと発表した。 関係筋によれば、NACCは全会一致で容疑に確固た…

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る