カテゴリー:タイ国内

  • タイ政府 ワクチン関連の不適切情報拡散を非難

    対面授業再開に向け12~17歳の学生へのファイザー製新型コロナワクチンの接種が始まったが、学生の間で「ワクチンは大量殺戮の道具であり、接種を受けた者は2年以内に死ぬ」といった情報を拡散したグループをタイ政府が強く非難した…
  • バンコク都知事が見解 「深刻な洪水は起きない」

    アサウィン・バンコク都知事は10月7日、今のところチャオプラヤ川の増水でバンコクが深刻な洪水に見舞われる恐れはないとの見解を示した。チャオプラヤ川の状況であるが、中部アユタヤ県バーンサイ郡で流水量が毎秒3069立方メート…
  • 機動隊員が撃たれて重傷 反政府勢力に関与疑惑

    バンコク都ディンデン区で10月6日夜、反政府勢力による街頭デモのあと、機動隊員1人が何者かに頭部を撃たれて重傷を負う事件が起きた。発砲があったのが午後10時43分ごろで、隊員はすぐに警察病院に搬送された。反政府デモでは出…
  • チャーン島に架かる橋 年内に建設許可か 近く公聴会開催

    東部トラート県のチャーン島と本土を結ぶ橋の建設が年内に許可される可能性が出てきた。この橋の建設に関しては初回公聴会が4年前に開かれて出席者の約9割が急病人が出た場合に迅速な交通手段が必要などの理由で建設に賛成している。 …
  • プラユット首相が岸田総理に祝意

    プラユット首相は10月6日、第100代内閣総理大臣に選ばれた岸田氏に祝意を伝えた。プラユット首相によれば、日本とタイは長きにわたって友好関係を維持しており、来年は2国間に外交関係が樹立されてから135年となるが、今後のタ…
  • 政権党がプラユット氏を首相に推挙 党首「私は体力面で問題」

    最大与党・国民国家の力党(PPRP)の党首を務めるプラウィット副首相は10月6日、次期総選挙において同党がプラユット首相(67)を次期首相候補として擁立する方針であることを再確認した。次期総選挙は任期満了なら2023年に…
  • デジタル経済社会相が電子タバコ合法化に意欲

    電子タバコについては、健康問題に取り組んでいる活動家や禁煙促進を訴えている人々から国内での販売を認めることに強い反対意見が出ているが、チャイウット・デジタル経済社会相は10月5日、販売合法化を可能にすべきであるとの考えを…
  • 最大与党が次期総選挙でプラユット氏の首相推挙を決定

    タナコン政府報道官が10月5日に述べたところによれば、最大与党・国民国家の力党(PPRP)がこのほど次期総選挙において現在首相を務めるプラユット氏を首相候補とすることを決めたが、プラユット首相はこれを歓迎しているという。…
  • 首相が内閣改造の可能性を否定 「噂話を信じるな」

    主要閣僚の交代を含む内閣改造が近く行われるとの噂が一部で流れているが、プラユット首相は10月4日、改造の可能性を全面的に否定した。この噂では経済閣僚、内相、外相などが交代するとされている。だが、首相は、「改造の話は根も葉…
  • バンコク都庁が9区で洪水対策強化へ 気象局も警鐘

    バンコク都庁はバンコクの全50区のうち河川の増水で洪水が起こる恐れのある9区について洪水対策を強化する準備を進めている。これはバンコクの約6割のエリアが強い雨に見舞われるとの気象局の予報に基づいたもの。具体的には、アサウ…

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る